Go to Contents Go to Navigation
一般映像

≪日本の輸出規制強化も議論≫

 韓国の主要企業グループ(財閥)のトップらが4日、ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長と会合を持ち、日本政府が半導体などの製造に必要な材料3品目の対韓輸出規制を強化したことなどについて意見を交わした。

 会合にはサムスングループの事実上の経営トップ、李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長や現代自動車グループの鄭義宣(チョン・ウィソン)総括首席副会長、LGグループの具光謨(ク・グァンモ)会長らが出席。孫氏と2時間半にわたり夕食を取りながら話し合った。人工知能(AI)などIT産業の懸案と協力策について議論したとされる。

 孫氏は会合後、記者団に対し、日本の輸出規制強化について「多くの話をした」と伝えた。

 (2019年7月5日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。