Go to Contents Go to Navigation
映像

≪1回無失点≫

 米大リーグ、ドジャースの韓国人左腕、柳賢振(リュ・ヒョンジン、32)が韓国人選手として初めてオールスター戦に先発登板し、無失点の投球を見せた。

 柳はオハイオ州クリーブランドで行われたオールスター戦で、ナショナル・リーグの先発として1回裏に登板し、1回を投げ1安打無失点に抑えた。

 朴賛浩(パク・チャンホ、2001年)と金炳賢(キム・ビョンヒョン、02年)に続きオールスター戦に出場した3人目の韓国出身投手となった柳は先輩たちとは異なり無失点で任務を果たした。

(2019年7月10日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。