Go to Contents Go to Navigation
一般映像

≪中国機も防空識別圏進入≫

 ロシアの軍用機が23日午前、独島付近の韓国領空を2回にわたり侵犯した。韓国軍は戦闘機を出動させ、ロシア機に向けて警告射撃を行った。

 朝鮮半島東側・東海上の韓国防空識別圏(KADIZ)に進入したロシアの軍用機1機が午前9時9分に独島付近の領空を侵犯した。ロシアの軍用機が韓国の領空を侵犯したのは初めて。

 ロシア機1機は午前9時9分に独島付近の領空を侵犯し、韓国空軍は警告射撃などの措置を取った。同機は9時12分に領空を出た。

 続けて、ロシア機1機が9時33分に領空を再び侵犯し、韓国空軍機が再度警告射撃を行うと9時37分に領空を出て北上した。 

 ロシア機の領空侵犯に先立ち、中国の軍用機2機と別のロシアの軍用機2機が同日朝にKADIZに進入した。

 中国の軍用機2機は済州島の南の岩礁、離於島付近からKADIZに進入し、東海の南北軍事境界線にあたる北方限界線(NLL)の北方でロシアの軍用機2機と合流。中国とロシアの軍用機計4機が同時にKADIZに進入し、9時4分ごろ抜けた。

 韓国国防部と外交部はこの日午後、中国とロシアの大使館関係者を呼び、事前通知なくKADIZに進入したり、領空を侵犯したりしたことについて厳重に抗議する。

(2019年7月23日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。