Go to Contents Go to Navigation
一般映像

≪日本の輸出規制を批判≫

 韓国労働組合の全国組織、全国民主労働組合総連盟(民主労総)の宅配連帯労組は24日、ソウルの日本大使館前で記者会見し、衣料品チェーン「ユニクロ」の商品の配送を拒否すると宣言した。

 労組側は日本政府による対韓輸出規制強化を批判し、組合員の宅配車両に日本を糾弾するステッカーを貼ると表明した。

 民主労総のマート産業労組の組合員も日本製品の案内を拒否する運動を行っており、ロッテマート、イーマート、ホームプラスのスーパー大手3社に日本製品の販売中止を要求した。

(2019年7月24日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。