Go to Contents Go to Navigation
一般映像

≪政府支出も後押し≫

 韓国の4~6月期の経済成長率が1%台に回復した。1~3月期のマイナス成長の反動のほか、政府の積極的な財政投入も成長率を押し上げたと分析される。

 韓国銀行(中央銀行)が25日発表した4~6月期の実質国内総生産(GDP、速報値)は前期比1.1%増加した。1~3月期は同マイナス0.4%で、2四半期ぶりにプラスに転じた。2017年7~9月期(1.5%増)以来7四半期ぶりの高水準。

 低迷した1~3月期の反動でプラスに転じたとみられる。

 1~3月期に0.4%増にとどまった政府支出が2.5%増え、政府の成長寄与度も1~3月期のマイナス0.6ポイントからプラス1.3ポイントになった。韓銀は政府が1~3月期に財政出動を前倒ししたものの、各地方自治体を通じて実質的に資金が供給されたのが4~6月期だったためとみている。

 部門別では建設投資が前期比1.4%増、設備投資は2.4%増となり、輸出は2.3%増加した。民間消費は0.7%増にとどまった。民間部門の成長寄与度はマイナス0.2ポイントだった。

 交易条件の悪化から、4~6月期の実質国内総所得(GDI)は前期比0.6%減少した。

(2019年7月25日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。