Go to Contents Go to Navigation
一般映像

≪不買運動影響か≫

 日本の輸出規制を受けて先月から韓国で広がっている日本製品の不買運動が、日本ブランドのたばこにも及んでいるようだ。

 韓国関税庁の輸出入貿易統計によると、7月にフィリピンから輸入された紙巻きたばこは403トンで、前月比31.9トン(7.3%)減少した。フィリピンには「メビウス」や「キャメル」などを販売する日本たばこ産業(JT)の海外たばこ事業を担うJTインターナショナル(JTI)の生産拠点があり、同社は韓国で販売するたばこを同地で生産している。

 これまで輸入量を増やしてきたフィリピン産たばこの減少について、業界は日本製品の不買運動の影響があるとみている。

 (2019年8月20日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。