Go to Contents Go to Navigation
最新映像

≪青瓦台関係者 報道陣に慎重≫

 韓国青瓦台(大統領府)は、韓日の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の延長について、「まだ決まっていない」との立場を示した。

 青瓦台関係者は19日、「現在、検討中で、決まれば発表する時期と方式が決まる」と説明した。

 同協定の破棄、延長のほかに一定期間の情報交換中断などの案も取り沙汰されているが、同関係者は「国家安全保障に関する事案であるため、決定するまで具体的に明らかにできない」と述べた。

(2019年8月20日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。