Go to Contents Go to Navigation
一般映像

≪組合員投票で可決≫

 現代自動車の労使が今年の賃金・団体協約を巡る交渉をストライキなしで完全妥結した。

 同社の労働組合は3日、全組合員を対象に今年の賃金・団体協約を巡る労使の暫定合意案の賛否を問う投票を実施した結果、56.4%が賛成し可決されたと発表した。

 労使は先月27日の交渉で、賃金(基本給)4万ウォン(約3500円)以上の引き上げ、成果給150%プラス300万ウォン支給などを骨子とする暫定合意案をまとめた。

 現代の労使交渉がストライキを実施することなく完全妥結するのは8年ぶり。

(2019年9月3日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。