Go to Contents Go to Navigation
一般映像

≪防疫当局が非常態勢≫

 韓国北部、京畿道・坡州の養豚場で家畜伝染病「アフリカ豚コレラ」が発生した。韓国での発生が確認されたのは初めてで、防疫当局が非常態勢に入った。

 農林畜産食品部によると16日夜、坡州の養豚場から「ブタが死んでいる」との通報があった。当局が現場で検査した結果、17日午前6時半にアフリカ豚コレラと確定判定された。

 同部はこの日午前9時に緊急会見を開き、発生の具体的な内容と今後の対策を発表する予定だ。

(2019年9月17日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。