Go to Contents Go to Navigation
一般映像

≪「互いの立場を確認した」≫

 韓国統一部の李相旻(イ・サンミン)報道官は定例会見で、特段の成果なく終わった北朝鮮非核化を巡る米朝実務協議(5日、ストックホルム)について、「1度の対面で早々に一喜一憂する必要はない」との見解を示した上で「双方が互いの立場をより明確に確認したという意味がある」と評した。

 また、韓国が今後、米国と状況を共有して米朝対話、南北関係が進展するよう必要な措置を講じるとの方針を示した。

 (2019年10月7日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。