Go to Contents Go to Navigation
北朝鮮

≪統一相が国会外交統一委員長に明かす≫

 韓国の金錬鉄(キム・ヨンチョル)統一部長官が、北朝鮮が南北協力の象徴である景勝地・金剛山の韓国側施設の撤去計画について協議を要請する内容の通知文を送ってきたと明らかにした。

 金長官と面談した国会外交統一委員会の尹相現(ユン・サンヒョン)委員長(最大野党・自由韓国党)が伝えた。

 金剛山を巡っては、北朝鮮メディアが23日、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)が金剛山観光地区を視察し、地区内の韓国側施設の撤去を指示したと報じている。

 尹氏によると、金長官は韓国政府の対応方針について、金剛山観光を手掛ける企業・現代峨山などと実務協議を行っていると説明した上で、金委員長が南の同胞をいつでも歓迎すると述べているため、金剛山観光事業から韓国を完全に排除するとみなすのは難しいとの見解を示したという。

 (2019年10月25日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。