Go to Contents Go to Navigation
最新映像

≪北住民の追放は初≫

 韓国政府は7日、朝鮮半島東側の東海の南北軍事境界線にあたる北方限界線(NLL)を越えて韓国側海域に入り、2日に韓国軍当局に拿捕(だほ)された漁船に乗っていた北朝鮮住民2人について、7日午後に南北軍事境界線がある板門店で北朝鮮に追放したと発表した。2人は海上で乗組員16人を殺害し、逃走したことが確認された。

 韓国統一部の李相旻(イ・サンミン)報道官はこの日の会見で、「(韓国政府の)合同調査の結果、2人は20代の男性で、東海上で操業中のイカ釣り漁船で乗組員16人を殺害して逃走したことが確認された」と明らかにした。

 2人は亡命の意思を示したが、政府は追放措置を決めた。政府が調査の末、北朝鮮住民を追放したのは今回が初めて。

 李氏は、殺人などの重大な非政治的犯罪は保護の対象にならず、韓国国民の生命と安全に脅威を与えるほか、凶悪犯罪者は国際法上の難民としても認められないと判断したと説明した。

 2人はもう1人と共謀し、暴力を振るう船長を殺害。犯行を隠蔽(いんぺい)するため漁船の乗組員15人も殺害した。逃走中に1人が北朝鮮当局に逮捕され、再び逃走。韓国に入る過程で海軍に発見され2日間逃走した。

 韓国政府が北朝鮮・開城の南北連絡事務所を通じて追放の計画を通知すると、翌日に北朝鮮は引き取る方針を明らかにした。

(2019年11月8日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。