Go to Contents Go to Navigation
映像

≪サムスンなどの部品・装備輸入が大幅減≫

 韓国の今年の対日貿易赤字が16年ぶりの低水準を記録する見通しだ。

 産業通商資源部と韓国貿易協会によると、1~10月の対日貿易赤字は163億6600万ドル(約1兆7787億円)で、同期間としては2003年(155億6600万ドル)以来の低水準となった。

 このままの流れが続く場合、通年の対日貿易赤字は2003年(190億3700万ドル)以来、200億ドルを下回る見通しだ。

 対日貿易赤字が改善されたのはサムスン電子やSKハイニックスが日本製への依存度が高い半導体部品・装備(装置や設備)の輸入を大幅に減らしたためとみられる。

(2019年11月18日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。