Go to Contents Go to Navigation
最新映像

≪高官が談話発表≫

 北朝鮮の金英哲(キム・ヨンチョル)朝鮮アジア太平洋平和委員長(朝鮮労働党副委員長)は19日未明に談話を発表し、米国に対し「対朝鮮(北朝鮮)敵視政策を撤回するまでは非核化交渉に応じるつもりは全くない」と言い放った。朝鮮中央通信が報じた。

 金氏は「米国はことあるごとに非核化交渉うんぬんと言うが、朝鮮半島核問題の根源である敵視政策を完全かつ後戻りできないように撤回するまでは、それ(非核化)を議論する余地はない」と述べた。

 続けて、「まず朝米(米朝)間の信頼構築を行い、われわれの安全と発展を妨げるすべての脅威を完全に取り除けば、非核化問題について議論することが可能だ」と強調した。

 (2019年11月19日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。