Go to Contents Go to Navigation
一般映像

≪「双方の立場変わらず」≫

 日本による半導体・ディスプレー材料3品目の対韓輸出規制強化は自由貿易の原則に反するとして韓国が世界貿易機関(WTO)に提訴した問題で、両国は19日(現地時間)にスイス・ジュネーブで2回目の2国間協議を行ったが立場の隔たりの大きさを確認しただけだった。

 双方はWTO本部で6時間にわたり協議したが、成果は得られなかった。

 韓国首席代表を務めた産業通商資源部の丁海官(チョン・ヘグァン)新通商秩序協力官は協議終了後の記者会見で、「互いに対する認識の幅が広がった」としながらも、「双方のこれまでの立場が変わったとは思えない」と述べた。

 2回目の協議も平行線に終わったことで、韓国が裁判の一審に相当する紛争処理小委員会(パネル)の設置をWTOに要請する公算が大きくなった。

(2019年11月20日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。