Go to Contents Go to Navigation
最新映像

≪大統領府前から国会に移動≫

 文在寅(ムン・ジェイン)政権の国政運営に抗議するため保守系最大野党「自由韓国党」の黄教安(ファン・ギョアン)代表が始めたハンガーストライキが2日目に入った。

 青瓦台(大統領府)前でハンストを開始した黄氏はこの日、国会議事堂前に設置したテントでハンストを続ける。基本的に公式日程は入れないが、テント前で開かれる党最高委員会議には出席する予定だ。

 同氏は前日20日、韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)終了の撤回、政治家や政府高官らの不正を捜査する「高位公職者犯罪捜査処」設置法案の破棄、選挙法改正案の撤回の3点を要求し、ハンストを開始した。

 (2019年11月21日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。