Go to Contents Go to Navigation
最新映像

≪中朝関係に異変?≫

 北朝鮮の女性芸術団・牡丹峰(モランボン)楽団が来月4年ぶりに中国を訪問し、各地で公演を行う予定だったが、突如計画にストップがかかったことが分かった。

 北京の消息筋などによると、牡丹峰楽団は中朝国交樹立70周年を記念して中国側から招かれ、12月から約1カ月にわたり、北京、上海など主要都市を回る公演を行う予定だったが、計画が止まっている状態だという。

 金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)の年内訪中が事実上難しくなったことに続き、牡丹峰楽団の公演計画が止まったことで、中朝関係にほころびが生じたとの見方も出ている。

 牡丹峰楽団は2015年12月の北京公演で「核やミサイル」を含む公演の内容をめぐり中国側と折り合えず、公演が始まるわずか数時間前に公演をキャンセルし帰国している。

 (2019年11月28日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。