Go to Contents Go to Navigation
北朝鮮

≪声明で≫

 北朝鮮の金星(キム・ソン)国連大使は7日、今後の米朝協議について「非核化は交渉のテーブルから既に下ろされた」と主張した。

 外国メディアに送った声明で金氏はまた「米国が追求する持続的な対話は時間稼ぎのためのごまかし」と指摘した。

 金氏の言及は、非核化交渉の前に対北朝鮮敵視政策を撤回するよう求める既存の立場を改めて示しながら米国に圧力をかける狙いがあったとみられる。

(2019年12月9日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。