Go to Contents Go to Navigation
一般映像

≪与野党議員合わせ15人が実施≫

 韓国最大野党の自由韓国党が選挙制度の改正案や検察改革関連法案など、いわゆる「ファストトラック」(迅速処理案件)法案の成立を防ぐため、国会で始めたフィリバスター(無制限討論を通じた合法的な議事進行妨害)が26日午前0時、臨時国会の会期終了を受けて終わった。

 国会でのフィリバスターは、2016年2月に当時野党だった「共に民主党」がテロ防止法案に反対して以来、3年10カ月ぶり。今回は今月23日午後9時50分ごろに始まり約50時間にわたって行われた。

 今回のフィリバスターは選挙制度改正案などに反対する自由韓国党が始めたが、ファストトラック法案成立に賛成する与党やほかの野党の議員も演壇に立って自党の立場を主張。計15人が演説を行った。

 (2019年12月26日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。