Go to Contents Go to Navigation
一般映像

≪25日にも4機派遣≫

 米軍は26日、「クリスマスプレゼント」を贈ると予告した北朝鮮が新たな挑発に踏み切る可能性に備え、再び偵察機2機を韓国と朝鮮半島東側の東海の上空に派遣した。

 民間の航空追跡サイト「エアクラフト・スポット」によると、米空軍のRC135S偵察機1機が26日、沖縄の米軍嘉手納基地を出発し東海上空を飛行した。偵察機E8Cも韓国上空を飛行した。

 米軍は25日にも偵察機4機を同時に朝鮮半島上空に派遣し、北朝鮮の監視を強化した。

(2019年12月26日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。