Go to Contents Go to Navigation
映像

≪日本やタイでの確認受け≫

 韓国保健当局が、中国の湖北省武漢市で多数発生した新型コロナウイルスによる肺炎患者が日本やタイでも確認されたことを受け、対応措置を強化した。

 疾病管理本部は16日、世界保健機関(WHO)が新型コロナウイルスについて人から人に感染する可能性を排除できないと分析したため、市道別に対策班を設置し、非常防疫勤務システムを稼働すると発表した。

 医療機関に対しては、発熱や呼吸器に症状がある患者について武漢市に滞在歴があるかどうかを確認後、届け出るよう求めた。

 また、武漢市を訪問して14日以内に発熱、せきなどがあれば、必ず医療機関に海外旅行の事実を伝えなければならないと呼びかけた。

 (2020年1月17日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。