Go to Contents Go to Navigation
一般映像

≪公務員施設で2週間滞在へ≫

 新型コロナウイルスによる肺炎が発生した中国・湖北省武漢市に滞在する韓国人を帰国させるために韓国政府が派遣したチャーター機が31日午前8時ごろ(日本時間)、ソウルの金浦国際空港に到着した。

 同機は同6時すぎ(同)に武漢を出発した。検疫や出国手続きのため、予定時間より約2時間出発が遅れた。 

 チャーター機には帰国を希望している韓国人約720人のうち367人が搭乗した。政府の迅速対応チームや大韓航空の乗務員も搭乗した。機内では感染の可能性に備えてマスクを着用し、乗務員もマスクや防護服を着用して機内サービスも最小限に抑えたという。

 搭乗者らはチャーター機から降り次第、再び検疫を受ける。特に症状がなければ、政府が臨時生活施設として指定した忠清南道・牙山と忠清北道・鎮川にある公務員の研修施設で14日間過ごす予定だ。

(2020年1月31日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。