Go to Contents Go to Navigation
最新映像

≪医師の判断で≫

 韓国で7日から、中国渡航歴がなくても新型コロナウイルス感染者が発生した国を訪問後に発熱やせきなど肺炎の症状が出た人について、医師の判断でウイルス検査を受けられるようになった。

 中国以外の国で感染したと疑われる患者が増えていることから、保健当局はウイルス検査の対象者の範囲を拡大した。

 中央防疫対策本部は「漠然とした不安から検査を受ける必要はない。医師の判断を信頼してほしい」と呼び掛けている。

 また、検体の遺伝子をPCRと呼ばれる手法で増幅させることで感染有無を6時間で調べられる検査法が、7日から各地の民間病院約50カ所に導入される。

(2020年2月7日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。