Go to Contents Go to Navigation
北朝鮮

≪平安道と江原道の住民対象≫

 新型コロナウイルスが流入していないと主張している北朝鮮が平安道と江原道の住民約7000人を事実上の自宅待機状態で監視していることが分かった。

 朝鮮労働党機関紙、労働新聞は1日、平安道に約2400人、江原道に約1500人の医学的な監視対象がいると明らかにした。

 北朝鮮メディアは先月24日にも中国と国境を接する平安北道に約3000人の医学的な監視対象がいると報じた。

 (2020年3月2日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。