Go to Contents Go to Navigation
一般映像

≪「緊密な意思疎通」で一致≫

 韓国とドイツ、カナダ、ブラジル、イタリア、オーストラリアの6カ国の外相が15日夜、電話会談を行い、新型コロナウイルスへの対応を議論した。

 会談はカナダの提案で実現し、約70分間行われた。6カ国の外相は新型コロナウイルスの世界的な感染拡大が「深刻」との認識を示し、各国の防疫措置などについて情報を共有しながら緊密に意思疎通を図ることで一致した。

 韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は感染症の拡大が他国への恐怖・嫌悪につながらないよう、過度な入国制限措置は控えるよう強調。文在寅(ムン・ジェイン)大統領が主要20カ国・地域(G20)の首脳による特別テレビ会議を提案したと述べた。

 (2020年3月16日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。