Go to Contents Go to Navigation
一般映像

≪12年ぶり締結≫

 韓国銀行(中央銀行)は19日、米連邦準備理事会(FRB)と600億ドル(約6兆6000億円)の通貨交換(スワップ)協定を締結することで合意したと発表した。

 韓銀によると、FRBは日欧などの5中央銀行と通貨交換協定を結んでいるが、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大による国際金融市場の動揺で米ドルの需要が急増していることに対応するため、韓米が協定を結んだという。

 協定の期限は最短で半年後の今年9月19日まで。

 同協定は金融危機時に相手国に自国の通貨を預け、相手国通貨や米ドルを受け取る取り決め。米国との締結は2008年以来、12年ぶり。

 (2020年3月20日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。