Go to Contents Go to Navigation
映像

≪新型コロナで≫

 韓国の人気グループ、BTS(防弾少年団)が、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受け、ワールドツアー「MAP OF THE SOUL」の一部公演の中止や日程調整を行う予定だ。

 最新アルバムが米ビルボードのメインアルバムチャートで4度目の1位に輝いたBTS。

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、4月から世界18都市で開催する予定だったワールドツアーの開催が危ぶまれている。

 スタートを切るソウル公演が中止となり、米カリフォルニア州サンタクララのリーバイス・スタジアムが閉鎖されるなど、次の北米公演の開催も不透明だ。

 所属事務所のビッグヒットエンターテインメントは「全員の健康と安全のため、一部公演について中止または日程調整する」と明らかにした。

 ただ、中止となったソウル公演については新型コロナを巡る状況が安定した場合は新たに会場を確保することを検討するという。同社は「問い合わせが多いため現在の状況をお知らせしたもので、詳細は国や開催都市別に案内する予定」と説明している。

 新譜リリースが新型コロナの感染拡大とぶつかり、ファンと直接コミュニケーションを取るのが難しいBTS。ワールドツアー開催も不透明となり、全世界のファンが残念がっている。

 メンバーのV(ブイ)は「皆さんと共に歌って喜びを分かち合える瞬間がはやくきてほしい」と語った。

(2020年3月26日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。