Go to Contents Go to Navigation
北朝鮮

≪正恩氏は立ち会わずか≫

 北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は30日、超大型放射砲(ロケット砲)の試射を行ったと報じた。北朝鮮は前日に短距離弾道ミサイルとみられる2発の飛翔(ひしょう)体を発射しており、これを指すとみられる。

 同紙は「超大型放射砲の戦術・技術的特性を改めて確証する目的で試射を進行した」とし、「試射は成功的」だったと主張した。

 金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(党委員長)が視察したかどうか言及していないことから視察しなかったとみられる。北朝鮮はこのところ相次いで短距離飛翔体を発射しており、国際社会の懸念や非難を意識したとの分析が出ている。 

(2020年3月30日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。