Go to Contents Go to Navigation
最新映像

≪経済副首相が方針発表≫

 韓国の洪楠基(ホン・ナムギ)経済副首相兼企画財政部長官は、新型コロナウイルスの感染拡大による「雇用ショック」に対応するため、公共部門を中心に156万人の雇用を創出する方針を非常経済中央対策本部の会議で示した。

 このうち新型コロナの影響で推進が滞っていた高齢者雇用や低所得者対象の自活勤労事業など約60万人の雇用については、できる限り非対面の仕事、屋外での作業などに切り替え、迅速に再開するという。

 社会的弱者雇用(30万人)など、55万人以上の直接雇用を追加で創出するほか、公務員や公共機関の採用手続きを今月から再開する方針だ。

 政府はこうした緊急の雇用対策を来週までに確定させ、発表する計画だ。

 (2020年5月14日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。