Go to Contents Go to Navigation
最新映像

≪新型コロナで≫

 韓国・ソウル市教育庁トップのチョ喜ヨン(チョ・ヒヨン)教育監は18日、同市内の幼稚園と小中高校の登校授業の計画を発表し、「新型コロナウイルスの危機が深まれば、大学修学能力試験(日本のセンター試験に相当)を1カ月延期し、登校授業を再検討できるようにしなければならない」と述べた。

 ソウル地域の高校3年生は、20日から毎日の登校を原則として授業を再開する。チョ氏は、今後も状況が悪化する可能性があると指摘した。大学の9月新学期制を導入しなくても、現行の枠組み内で修学能力試験は1カ月まで延期が可能だと説明。来年の大学の新学期を1カ月遅らせ4月からにすることは不可能ではないと述べた。

(2020年5月19日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。