Go to Contents Go to Navigation
映像

≪新型コロナで足止め≫

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う封鎖措置によりアフリカに足止めされていた韓国人が、国連平和維持活動(PKO)のため南スーダンに派遣されている韓国軍「ハンビッ部隊」のチャーター機で韓国に帰国した。

 エチオピア、ガーナ、ケニア、スーダンに滞在していた韓国人約60人が21日午後、アシアナ航空のチャーター機で仁川空港に到着した。

 同機は部隊を乗せて南スーダンに向かい、復路で同地域に滞在していた韓国人を移送した。軍の医療スタッフや国防部、外交部の支援スタッフも搭乗したとされる。

 南アフリカと周辺国に滞在していた韓国人72人も22日午後、カタール・ドーハを経由して仁川空港に帰国する予定だ。

 (2020年5月22日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。