Go to Contents Go to Navigation
一般映像

≪罰金18億円≫

 韓国前大統領の朴槿恵(パク・クネ)被告(収賄罪などで公判中)の友人で、同罪などに問われた崔順実(チェ・スンシル、2014年にチェ・ソウォンに改名)被告の再上告審判決が開かれ、大法院(最高裁)は懲役18年、罰金200億ウォン(約18億円)を言い渡した。

 崔被告は朴被告と共謀し、サムスングループから298億ウォンの賄賂を受け取った罪などで起訴された。

 一審と二審では収賄や職権乱用、強要の罪で懲役20年などが言い渡されたが、大法院は強要罪の一部を無罪とみなすべきとして審理を高裁に差し戻した。ソウル高裁は差し戻し審で懲役18年、罰金200億ウォンなどを言い渡したが、崔被告は判決を不服として再上告した。

 (2020年6月11日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。