Go to Contents Go to Navigation
北朝鮮

≪軍総参謀部が立場表明≫

 北朝鮮の朝鮮人民軍は16日、2018年9月の南北首脳会談の際に締結された南北軍事合意によって非武装化された地域に再び進出すると予告した。

 朝鮮中央通信が軍総参謀部の立場表明を報じた。総参謀部は「党と政府が取るいかなる対外的措置も軍事的に堅固に担保できるよう、万全の態勢を敷いている」と強調。非武装地帯に再度軍隊を送り、前線を要塞化して韓国に対する軍事的警戒を強める措置を取るよう朝鮮労働党統一戦線部などから意見があったことを明らかにした。

 北朝鮮が言う南北合意によって非武装化された地域とは南西部の開城と南東部の金剛山一帯を指すとみられる。

(2020年6月16日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。