Go to Contents Go to Navigation
一般映像

≪南北共同宣言20周年でメッセージ≫

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は15日、軍事境界線に近い京畿道・坡州の烏頭山統一展望台で開かれた南北共同宣言20周年記念式に寄せたビデオメッセージで、障壁があっても対話を通じて知恵を集めて乗り越えなければならないと述べ、北朝鮮に対し、対話の窓を閉ざさないよう呼びかけた。

 また、朝鮮半島の緊張が高まっていることに遺憾の意を示し、「薄氷の上を歩くように慎重に臨んだが、十分にできなかった」と心情を明かした。

 文大統領はこの日、朝鮮半島の和解と平和の新時代を宣言した20年前に当時の金大中(キム・デジュン)韓国大統領が着用したネクタイをつけ、2018年4月の南北首脳会談で板門店宣言を共同発表した際に使用した演台を使った。

(2020年6月16日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。