Go to Contents Go to Navigation
一般映像

≪情報センターで強制徴用の歴史歪曲≫

 韓国政府が、長崎の端島(軍艦島)など世界文化遺産に登録されている「明治日本の産業革命遺産」(23施設)について、国連教育科学文化機関(ユネスコ)に対し登録取り消しを求める文化体育観光部長官名義の書簡を今月中に送る予定であることが21日、分かった。

 与党「共に民主党」の田溶冀(チョン・ヨンギ)国会議員によると、同部の朴良雨(パク・ヤンウ)長官が18日に行われた国会文化体育観光委員会所属の同党議員を対象とする業務報告でユネスコに書簡を送る方針を明らかにした。

 同遺産に関連し、日本による植民地時代に朝鮮半島出身者が強制徴用された事実をきちんと伝えるという約束を日本側が履行していないことへの対応。今月15日から一般公開が始まった同遺産を紹介する産業遺産情報センター(東京都新宿区)の展示には強制動員の事実が明示されていなかった。

 文化財庁は23日に同センターに職員を送り、強制徴用の歴史歪曲(わいきょく)に関する実態把握に乗り出す予定だ。

(2020年6月22日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。