Go to Contents Go to Navigation
最新映像

≪コロナ禍で婚姻数も急減≫

 韓国統計庁が24日発表した「人口動向」によると、4月の出生数は前年同月比10.4%減の2万3420人だった。減少幅は4カ月連続で2桁となり、人口問題はますます深刻さを増している。

 人口が前年同月比で減少するのは53カ月連続。今年に入って2桁減が定着する兆しが見える。

 一方、4月の死亡数は前年同月比3.3%増の2万4628人だった。人口の自然減は過去最長の6カ月連続。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響から婚姻件数も急減した。4月の婚姻件数は前年同月比21.8%減の1万5670件で、4月としては1981年の統計開始以来、最大の減少幅となった。

 (2020年6月24日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。