Go to Contents Go to Navigation
映像

≪外務省局長が米国高官の訪韓に合わせ談話≫

 北朝鮮が米国のビーガン国務副長官(北朝鮮担当特別代表)の韓国訪問に合わせ、米国と交渉する意思がないと改めて表明した。

 北朝鮮外務省のクォン・ジョングン米国担当局長は7日に朝鮮中央通信を通じて発表した談話で、崔善姫(チェ・ソンヒ)第1外務次官が米朝首脳会談開催の可能性を否定したことに触れながらが「改めて明白にするが、われわれは米国と向き合う考えがない」と強調した。

 崔善姫(チェ・ソンヒ)第1外務次官は4日に談話を出し、米大統領選挙(11月)前の米朝首脳会談開催が取り沙汰されていることについて、米国は米朝対話を自らの政治的危機を克服するための道具としか考えていないとして、「対座する必要はない」と明言していた。

 クォン氏は韓国が米朝首脳会談を仲裁する意思を示したことについては「寝言」と批判した。

 (2020年7月7日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。