Go to Contents Go to Navigation
最新映像

≪国内4カ所目≫

 韓国北部の漢灘江一帯が国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界ジオパークに認定された。韓国内の地域が認定されたのは4カ所目。

 京畿道は7日、フランス・パリで開催中のユネスコ執行委員会で、漢灘江の世界ジオパーク認定が最終的に承認されたと発表した。

 認定されたのは京畿道の抱川市、漣川郡、江原道の鉄原郡など漢灘江の流域1165.61平方キロメートル。

 世界ジオパークはユネスコが美的、考古学的、歴史・文化的、生態学的、地質学的価値を持つ地域を保全し、観光資源として活用するために指定する区域で、韓国では済州島、慶尚北道・青松、光州市・無等山の3カ所が選ばれている。

(2020年7月8日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。