Go to Contents Go to Navigation
一般映像

≪文大統領とは面会せず≫

 韓国の徐薫(ソ・フン)国家安保室長と訪韓中のビーガン米国務副長官(北朝鮮担当特別代表)が9日、青瓦台(大統領府)で会談し、朝鮮半島情勢について意見交換した。

 会談では、北朝鮮が開城の南北共同連絡事務所を爆破したことなどにより高まった朝鮮半島の緊張状態を解消し、米朝・南北対話を再開するための方策を集中的に議論したものとみられる。南北関係の進展についても意見を交わしたものと予想される。

 一方、ビーガン氏と文在寅(ムン・ジェイン)大統領との面会は行われなかった。

 青瓦台は、ビーガン氏の青瓦台訪問は徐氏との会談のためと説明した。両氏の会談は徐氏の国家安保室長就任後初めて。

 韓国訪問を終えたビーガン氏はこの日午後、日本に向かう。

 (2020年7月9日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。