Go to Contents Go to Navigation
映像

≪上昇幅は3番目≫

 国際金融協会(IIF)が今年1~3月期の世界39カ国・地域の国内総生産(GDP)に対する家計債務比率を調べた結果、韓国が97.9%で最も高いことが分かった。前年同期からの上昇幅は3番目に高かった。

 韓国に次いで英国(84.4%)、香港(82.5%)、米国(75.6%)の順でGDPに占める家計債務比率が高かった。

 韓国の家計債務比率は前年同期に比べ5.8ポイント上昇した。上昇幅は香港(9.0ポイント)、中国(6.4ポイント)に続き、3番目に高かった。 

 韓国の非金融企業の債務比率は104.6%で、7番目の水準だった。一方、韓国の政府債務比率は41.4%で、28番目にとどまった。

 (2020年7月21日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。