Go to Contents Go to Navigation
一般映像

≪国会で答弁≫

 韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は22日、国会での答弁で、北朝鮮問題を議論する韓米作業部会(ワーキンググループ)について、「不満と批判の声があることを政府はもちろん、米側もよく知っている」と述べた。

 康氏は作業部会の運営方式の変更を求める与党議員の指摘に対し、利点を生かしながら議論の時間を短縮できる方策を米国側と調整していくと答えた。

 その上で、「作業部会は政策協議の場であり、制裁免除(を議論する)機構ではない」と強調した。

 (2020年7月23日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。