Go to Contents Go to Navigation
映像

≪「宇宙産業を未来産業に発展させる契機」≫

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は29日、韓米ミサイル指針が改定され、ロケットに対する固体燃料の使用制限が解除されたことについて、「今後、完全なミサイル主権を確保するための努力を続けていきたい」と述べた。青瓦台(大統領府)の姜珉碩(カン・ミンソク)報道官が伝えた。

 文大統領は「個体燃料の使用制限解除は宇宙産業を未来産業に発展させる良い契機」との見方を示した。

 文政権発足後、韓米ミサイル指針が改定されるのは2回目となる。前回の2017年の改定では弾道ミサイルの弾頭重量制限が解除された。

 (2020年7月30日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。