Go to Contents Go to Navigation
映像

≪600億ドル規模≫

 韓国と米国が600億ドル(約6兆3000億円)規模の通貨交換(スワップ)協定を来年3月末まで延長した。

 韓国銀行(中央銀行)は30日、米連邦準備理事会(FRB)との通貨スワップ協定の期限を9月30日から来年3月31日まで、6カ月延長することで合意したと発表した。

 同行は新型コロナウイルスによって経済の不確実性が続く中、両国は延長が必要との認識で一致したと今回の合意の背景について説明した。

 通貨スワップは、金融危機時などに相手国に自国の通貨を預け、相手国通貨や米ドルを受け取る取り決め。

 韓国政府と韓銀は韓米通貨スワップが外為・金融市場の安全装置となり、市場の安定に役立つものと期待している。

 (2020年7月30日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。