Go to Contents Go to Navigation
映像

≪ロシアのメンバー入りには反対≫

 韓国とドイツの外相戦略対話が10日、ベルリンで開かれ、ドイツのマース外相が韓国の主要7カ国首脳会議(G7サミット)参加について、歓迎の意を示した。

 マース氏は戦略対話後の共同会見で、今年のG7サミットの議長国を務める米国のトランプ大統領が同サミットを拡大して韓国やロシア、オーストラリア、インドなどを招待する意向を表明していることについて、「韓国は国際社会において重要な国」としながらサミット参加を歓迎すると述べた。

 ただ、「G8時にメンバーだったロシアを再び受け入れる意向はない」とし、ロシアの参加に反対する立場を改めて示した。

 ドイツが韓国のG7参加に前向きな反応を示すのは初めて。マース氏は先のインタビューで「今のところ、G11やG12は必要ない」と述べており、韓国の参加に否定的な認識を持っているとの見方が出ていた。

 (2020年8月11日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。