Go to Contents Go to Navigation
映像

≪文化財庁≫

 韓国文化財庁は21日、ソウル市中区所在の韓国銀行(中央銀行)本館(史跡第280号)の定礎石に刻まれた「定礎」の文字について、専門家3人と調査を実施した結果、初代韓国統監を務めた伊藤博文元首相が書いたものであることを確認したと発表した。

 与党「共に民主党」の田溶冀(チョン・ヨンギ)議員は国会による文化財庁への国政監査で1918年の朝鮮銀行の刊行物を提示し、「『この建物の定礎石は伊藤公爵の自筆により製作された』との説明がある」と明らかにしていた。

 (2020年10月22日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。