Go to Contents Go to Navigation
最新映像

≪国民に接種呼びかけ≫

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は26日、青瓦台(大統領府)で開かれた首席秘書官・補佐官会議で、インフルエンザと新型コロナウイルスの同時流行を防ぐため予防接種をさらに拡充しなければならないと強調した。

 インフルエンザの予防接種後に死亡する人が相次いでいるが、保健当局は接種を続けている。これについて文大統領は「保健当局が専門家とともに検討し下した結論と発表を信頼してほしい」とした上で、接種の時期を逃しインフルエンザにかかるというさらに大きな危険がもたらされることがないよう望むと述べた。

 一方、文大統領は政府機関などに対する国会の国政監査が最終日を迎えたことについて、「政治攻勢の場になったことは残念だが、与野党を問わず、政府の政策に対する合理的な批判と対案は積極的に受け入れ、反映する」と明言した。

 (2020年10月27日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。