Go to Contents Go to Navigation
一般映像

≪市中感染は4日ぶり3桁に≫

 韓国の中央防疫対策本部は5日、この日午前0時現在の国内の新型コロナウイルス感染者数は前日午前0時の時点から125人増え、累計2万7050人になったと発表した。1日当たりの新規感染者数は前日に比べ7人増え、2日連続で100人を上回った。

 新規感染者125人のうち市中感染が108人、海外からの入国者の感染が17人だった。

 市中感染者は前日より10人増え、今月1日(101人)以来、4日ぶりに3桁となった。

 地域別ではソウル市が46人、京畿道が23人、仁川市が3人と首都圏が72人だった。それ以外の地域では忠清南道が23人、慶尚南道が5人、釜山市が3人、大邱市と忠清北道がそれぞれ2人、江原道が1人だった。

 首都圏を中心に依然として集団感染が発生し、釜山市、忠清南道、慶尚南道などの地域でもクラスター(感染者集団)の発生が続いている。

 完治して隔離を解かれた感染者はこの日119人増え、隔離者は計1840人になった。このうち重症者は51人。

 死者は前日から1人増え、計475人となった。

 防疫当局は気温が下がり、空気が乾燥することでインフルエンザなど季節的リスク要因が増えていることに言及。感染が急増する恐れが常にあるとし、マスクの着用や他人と距離確保を順守し、少しでも新型コロナが疑われる症状があれば検査を受けるよう呼び掛けた。

 (2020年11月5日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。