Go to Contents Go to Navigation
映像

≪大逆転でメジャー初制覇≫

 女子ゴルフのメジャー、全米女子オープン選手権で韓国の金阿林(キム・アリム、25)が初出場初優勝を飾った。

 同選手権は14日(現地時間)、米ヒューストンのチャンピオンズGC(パー71)で最終ラウンドの残りが行われ、首位から5打差の9位からスタートした金が6バーディー、2ボギーで通算3アンダーにスコアを伸ばし、メジャー初制覇を果たした。

 韓国選手の全米女子オープン優勝は11回目。金は賞金100万ドル(約1億400万円)と来年からの米女子ゴルフツアーの出場権を手にした。

 2位タイとなった韓国の高真栄(コ・ジニョン)は米ツアー今季最終戦のCMEツアー選手権の出場権を獲得した。

 (2020年12月15日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。