Go to Contents Go to Navigation
映像

≪41%は「安全確認後」≫

 韓国の世論調査会社、リアルメーターが23日に発表した調査結果によると、新型コロナウイルスの予防ワクチンについて、「状況が深刻なため、一日も早く接種を始めるべきだ」との回答が54.9%に上った。

 一方、「海外と国内とは状況が違うため、もう少し安全性を検証した後に接種すべきだ」は41.1%だった。

 支持政党によって回答に隔たりがあった。

 与党「共に民主党」の支持者が安全性を重視したのに対し、最大野党「国民の力」の支持者と無党派層では少しでも早い接種が重要との回答が多かった。

 (2020年12月23日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。