Go to Contents Go to Navigation
一般映像

≪赦免には言及せず≫

 韓国青瓦台(大統領府)は14日、大法院(最高裁)の差し戻し審判決で朴槿恵(パク・クネ)前大統領(68)に対する懲役20年の実刑が確定したことについて、「韓国は民主共和国だという憲法精神があらわれたもので、韓国民主主義の成熟した発展を意味する」と評価した。

 青瓦台の康珉碩(カン・ミンソク)報道官はこの日の会見で、「大統領経験者が服役することになった不幸な事件を歴史的教訓にし、再びこのようなことを起こしてはならない」と述べた。

 一方、議論を呼んでいる朴氏の赦免について青瓦台高官は「大法院の判決が出た直後に赦免について言及するのは適切ではない」とし、コメントを避けた。

 (2021年1月15日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。